スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“トランスジェンダー” マクドナルド事件・・・現代における問題


“トランスジェンダー”って言葉、ご存知ですか?

なかなか定義付けは難しいようですが

今の日本において、性同一性障害当事者の方を意味するようです。



日本でも子どもたちやファミリー連れにとても馴染みのあるマクドナルドで

目も覆いたくなるような事件が起こりました。



場所はアメリカ・メリーランド州のマクドナルドで

女性用のトイレから出てきたトランスジェンダーの女性(男性)を10代の女の子2人が


「男だろ。男のくせに男のくせに女子トイレはいんな!」


と、いちゃもんをつけ、一方的に殴る蹴るのとても酷い暴行を続けました。



この事件はアメリカ全土はもちろん、日本のネットでも衝撃的なニュースでした。

というのも、この事件から現代における様々な問題が浮き彫りにされたからです。



まず、この一連の事件を携帯電話で動画撮影し、You tube にアップされていたのですが

この動画を撮影していたのが、マクドナルドの従業員だったのです。



痛ましくも暴行を受け続ける彼女の周りで、

ただ見守っている(見てるだけ?)人・笑っている人など

何もしなかった人達も映しだされていました。



また、他の従業員が「警察呼んだぞ!早くでていけ!」と少女たちを出ていくように促したのも

ある意味、少女たちの責任を追及するよりも、警察から少女たちを守るために見えるとか。

唯一止めに入った年配の女性だけが彼女を助け援護していました。



この動画、You tube のほうで差別的な内容として削除されたのですが

本当に痛ましくて、私個人としてはしばらく気分が悪くなって落ち込んでしまいました。

あまりの非道な暴力。とび蹴り・殴る蹴る。一方的な痛めつけ。

店内奥にあるトイレから店の入り口まで

店中を髪を引っ掴んでひきずりまわし、店内には引っ掴んで抜け落ちた髪が散乱し

最後に入り口近くで、この被害女性があまりのショックからか

目も覆いたくなるような、全身を痙攣でのた打ち回っているところで切れていました。



この事件、性同一性障害者の方に対する人権的な問題もちろんだけれど

内容は違っていても、こういう暴行や、何か事件が目の前で起こったときに

とっさに、止めに入るなり、なんらかの行動ができるのか、するのか、しないのか。

ただ傍観するのか、笑って自分も加害者と同調してしまうのか。

そして、この従業員のようにあろうことか自分の職務や立場を忘れて

すぐに動画撮影という、ただただ興味本位のような行動をとってしまうのか。

本当にたくさんの問題を考えさせられます。



私の頭をよぎったのは

3年前に起こった、秋葉原無差別殺傷事件でも 問題視されていたのを思い出します。

たくさんの怪我をして血を流して苦しみ呻いている人たちの中、

秋葉原という場所だからというわけでもないと思うのだけど

何人もの人が、携帯で写メを撮り、動画を撮り、今殺人事件が!っと電話をかけ

異様な光景だったといわれていました。

携帯電話やカメラ機能、ネットの普及で

どこかしら現実離れした、傍観者になりきってしまうのでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
プロフィール

nico

Author:nico
毎日仕事に恋愛に?
なんだかんだと
時間に追われている
アラサー女子(^-^✿)。

そんな nico が、
思わずうなってしまった

「うぷぷ♪(((*≧m≦)」や
「ひょぉぉぉー!(illಠдಠ)」な

ニュースを Pick Up
しちゃってます。

みなさん、ヨロヨロ♪(✿╹◡╹)ノ

月別アーカイブ
フリーエリア
健康食品のいろいろ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。