スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎時3.8マイクロシーベルト、年間20ミリシーベルトの異常さ







「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。
超高濃度汚染地域・福島、東北にお住まいの皆さんこんにちは。
このたびは東京に電力を送るために作られた福島原発の事故、
ほんとうに申し訳ありませんでした」


「言わせてください僕にも。
福島の皆さん、東北の皆さん、できることなら避難してください。最悪の状況です。
世界中に例を見ない最悪の事故です。進行中です。
いま毎日、とんでもない濃度の汚染物質が空から降ってきてます、海に垂れ流してます。
この状況で生活するのはあり得ないです。
がんになるのを待ってるだけです。避難してください」

「チェルノブイリ事故の時は、5ミリシーベルトになると国から強制移住させられました。
なのに福島の子供たちは20ミリシーベルトでも大丈夫らしいです、
文部科学省によると。殺人行為です」

「頑張ろう福島、頑張ろう東北、頑張ろうニッポン…大いに思います、僕もそう思う。
でも頑張ろうと思ったって若い世代がすっぽり抜け落ちた、
そんな日本でどうやって復興していくんですか?
今できることは疎開することです。避難して命をつなぐことです。
国が本当に『収束する』って言うんならそれまでの間だけでも、どっかへ行きませんか。
その一番汚染された状況なので今まで通りの生活を続けるっていうのは、あり得ないです。
未来はないです」


************************************************************************************



福島市・郡山市の学校が放射能汚染されているにもかかわらず

日本政府の対応は、子どもたちの被曝量基準値を

毎時3.8マイクロシーベルト、年間20ミリシーベルトと設定。

国内外からは非難殺到です。



この20ミリシーベルトというのは

国際放射線防護委員会(ICRP)が、

「非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル」

と設定された、一番高いギリギリの数値であり、

それは大人を対象にしての数値です。



あのチェルノブイリでも、

年間5ミリシーベルト被曝してしまうという汚染地は

未だ居住禁止地区であるにもかかわらず

日本の子ども達はその4倍の汚染地である学校へ

一日の大半を過ごす場所である学校への使用許可が出ました。

また、毎時3.8マイクロシーベルトという数値も

チェルノブイリ原発事故で死の街となっている

プリピャチ市の数値と同じだそうです。



なんでこんな無謀な数値設定で、

汚染地の学校使用許可が出るのでしょうか。。。

私たちの未来は、子どもたちの未来は

一体どこへ向かっているのか、わからなくなります。



スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

福島原発での作業員募集が大人気!?



愛知県の人材派遣会社からの募集。


******************************************************************


勤務地 :「福島県」

仕事内容 :「原子力発電所の清掃、修復工事の補助」
     
      「防護服や保護具などを身につけて一日3時間ほどの作業」

勤務時間 : 午前8時~午後5時のうちの3時間程度で、

休み・時給 : 不定休ながら時給は1万円と高額。

応募条件 : 「普通免許がある方大歓迎」

基本的に学歴、経験、資格は一切不問。

原子力発電・採用担当者からの一言:

《 東北地方のかたのお手伝いをしに行こう!! 福島の原子力発電所での仕事です。
  この言葉を聞いてイメージするものはいろいろあると思います。
  ですので今回は、~のためと割り切れる方の募集をお待ちしております。 》


*******************************************************************


という、福島の原子力発電所への作業員の募集が

4月末の締め切りを待たずに、定員10人で埋まりました。



割のいい仕事を求める人たちが集まるネットサイト内で、

この福島原発での作業員募集が話題になったとたんに応募が出揃ったようです。



この仕事を「短期間で稼げる割のいい仕事」と捉えるのか。

「~のため」と自分自身が納得する理由のためと捉えるのか。

まずはこの応募された10人の方々の、作業の無事終了を願っています。



テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

原子力発電所の もう一つの現実



原子力発電とは、多くの問題を抱え、生命の危険との隣り合わせでもある一方で

その原子力発電所を建設されている市町村にとっては

共栄共存を担う大切な存在でもあるようです。



原発を建設する市町村には、

「電源開発促進税法」「特別会計に関する法律」「発電用施設周辺地域整備法」

という法律、電源三法により それぞれに基づいて交付金が交付されるのだそうです。



経済産業省資源エネルギー庁の発表しているモデルケースでみると、

交付金とは、原発1基につき運転開始までの10年間で約450億円、

運転開始後の35年間と合わせ、総額1200億円余りの巨額に上るとか。

その他にも電力会社が地域振興のために寄付金を拠出し、その額も数十億円単位だという。



福島第一原発近くの避難指示が出されている富岡町・町議会議長さんのお話しでは、


「原子力とともに共栄共存しとるわけです。
 原発ができる前までは、みんな東京に出稼ぎに行った。
 しかし、原発ができたことで、地元は全町民が潤っている。
 交付金によって財政が豊かになり、道路や下水道、インフラも整備された。
 学校や体育館、運動施設も整備し、ボーリングして温泉付きプールもつくりました。
 財政だけでなく、富岡町では、
 成人した就労者の約6~7割が第一原発か第二原発関係の仕事をしています。
 原発がなくなれば、3分の2は職を失うことになるんです」


こうした側面から原子力発電所を見てみると

なんとも複雑な気持ちになります。

原発と共に生活なさっている市町村の方たちの思いも

とても複雑で、言いようのないものなのでしょうね。



テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

ホンダ ASIMO にお願い!

ホンダの公式ホームページのお客様相談センターに公開されているQ&A。



Q.ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか。

A.HondaのASIMOは、将来人の役に立つべく開発をして参りましたが、

  残念ながら現状では、ご要望をいただいた様なことができる技術には至っておりません。

  何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。



おぉぉぉー 本当ですね! 危険な放射線値の原発現場での事故処理を

命の危険のある人間よりも、階段の上り下りや旋回も出来る二足歩行ロボット、

“ASIMO”に頼りたくなる気持ちもわかる気がします。



ASIMO






テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

効果は分からない、「クリコート」


まだまだ緊張が続く東京電力福島第1原子力発電所事故で

敷地内に漏れ出た放射性物質(放射能)の飛散を防ぐ目的で

特殊な合成樹脂を主成分とした「クリコート」の散布を始めました。



このクリコートは、ドロドロと粘り気があり

散布作業の実行範囲が分かるように緑色に着色されている。

敷地内の200平方メートルに約400リットルを散布され

粘着性がある液体で地表を覆い、放射性物質が風で飛ばされたり

雨で流れ出したりするのを防ぐ効果が期待されている。


しかしながら、クリコートを製造販売する栗田工業の担当者によると

期待されている放射性物質の拡散防止効果について

「正直なところ分からない」

「あくまで土木薬品。
 
 用途が違うので(放射性物質の拡散防止効果は)申し上げようがない」とのこと。



本当にこんな前例のない原発事故が起こって

何もしないよりも、藁にもすがる思いの策なのかな。

なんとか、うまく効果が出ることを願っています。


テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
プロフィール

nico

Author:nico
毎日仕事に恋愛に?
なんだかんだと
時間に追われている
アラサー女子(^-^✿)。

そんな nico が、
思わずうなってしまった

「うぷぷ♪(((*≧m≦)」や
「ひょぉぉぉー!(illಠдಠ)」な

ニュースを Pick Up
しちゃってます。

みなさん、ヨロヨロ♪(✿╹◡╹)ノ

月別アーカイブ
フリーエリア
健康食品のいろいろ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。