スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災にみられる、「共感疲労」とは。

今回の東日本大震災の緊迫した映像や情報を

TVや新聞、各メディアから私達に与えるダメージが

あちこちで出てきているように思います。


ビートたけしさんも仰ってます。

「病気になっちゃってんだよもう。俺ももうね、ゲリが凄いんだもの。
 毎日嫌なニュースばっか見てたらア~ッて調子悪くなっちゃって。
 これ日本国中みんな調子悪くなっていると思うよ。
 精神安定剤とか飲まないと見てらなんいもん」


まだ不定期に続く地震もあったりで、みなさん地震に酔ってるような

揺れてないのに身体が揺れているように感じるなど

色々なところに症状が出てきているようです。



人生最適化コンサルタントの磯さんもブログで書いておられます。(抜粋)

「今回の災害で、大勢の人がテレビに釘付けになっています。
 その結果、中には、そうした報道をみるだけで、
 食事ものどが通らなくなる人もいます。
 それが過ぎると、ご本人も病気になったりします。
 これを、共感疲労と言います。

 共感疲労が高い方が、こうした災害時に共感疲労を
 避けるには、テレビの視聴、情報収集の時間を、
 ある程度コントロールすることです。

 共感型の人ほど、災害にあった方と同じ苦労を
 しなければいけないと考えます。
 でも、災害から復興するには、そして、日本に元気を
 取り戻すには、本人が元気でいることが一番のギフトです。

 凄惨な映像を見続けると、潜在意識にも、それが
 現実というメッセージが送られ続け、知らないうちに
 心に陰を落としていきます。

 心に贈る言葉、映像、波動は、大変なときだからこそ
 意識した選択をしたいものです。」


本当にそうだと思います。

今まではあまりにも衝撃的で、ただ情報を求ることに精一杯だったけれど

これからは、どんどん物事が落ち着き整備がすすんでいくと

今まで見えてなかった全貌や、凄惨な現実も出てくるでしょう。

だけど、そこばかり見ていては心が、気持ちが侵されてしまと思います。

難しいけれど、被災地から離れている私達は

社会の流れがうまくいくように

少しでも自分らしく、自分のできることを

止まることなく続けていかなくちゃいけないんだなって思いました。


被災地のためにも、被災者さんのためにも、日本の未来のためにも。



関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

nico

Author:nico
毎日仕事に恋愛に?
なんだかんだと
時間に追われている
アラサー女子(^-^✿)。

そんな nico が、
思わずうなってしまった

「うぷぷ♪(((*≧m≦)」や
「ひょぉぉぉー!(illಠдಠ)」な

ニュースを Pick Up
しちゃってます。

みなさん、ヨロヨロ♪(✿╹◡╹)ノ

月別アーカイブ
フリーエリア
健康食品のいろいろ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。